代表
メッセージ

Message

代表取締役 保志康徳

我が社は「豊かな心を創る」を信条に、明治33年の創業以来、一貫したものづくりに取り組み、その時代に合う祈りの文化を創造してまいりました。
祈りとは幸せを願うこと。その願いは自分を中心としながらも、自分以外の人々に向ける温かな心であって欲しい。家族へ、友人へ、職場へ、社会へ、時には遠い国の人々へ、愛他の祈りを紡ぐこともあるでしょう。
また、受け入れ難い現実が目の前に現れた時、その現実を肥やしとして乗り越えていける強さも、祈りにはあると考えます。時代を築いてきた先人達に敬意を払い、供養の心を手向ける祈りも大切なことです。
人間社会を中心とした考えだけではなく、同じ地球に暮らす動植物への感謝。地球環境に配慮した考え方や行動が大切な時代です。
経済的発展は勿論のこと、より良き未来を創るため、心の文化、祈りの文化を広め、人々が豊かな心で暮らす社会づくりに貢献してまいります。

代表取締役社長

保志 康徳